熱に弱いLED照明に対策が必要

LEDは照明装置として使うと多くのメリットをもたらしてくれます。しかし一方でLEDは弱点も持つため、その点を把握した方がいいでしょう。LED照明の弱点の一つは、熱に弱い事です。LED素子は熱の影響を受けて寿命が急激に低下する性質を持っています。そのため熱がこもるような環境で照明装置を使っている場合、期待していた寿命を発揮してくれない恐れがあります。そのためLED照明を設置する際には、できるだけ熱がこもらないような配慮が欠かせないでしょう。

直進性が強いLED照明の光

これまで白熱電球や蛍光灯を使っていた場所でLED電球に転換してみると、電気代節約に効果が期待できます。一方でLED電球に変えてみて気づいたこともあるかもしれません。LED照明は光の直進性が強く、周囲に広がりにくい性質を持ちます。そのため広い部屋を一つの照明で照らし出すのが苦手ですね。この場合、複数のLED照明を設置するか、あるいは広い範囲を照らすことができるタイプのLED照明製品を選ぶ必要があります。

コストの問題は解決しつつあるLED照明

白熱電球や蛍光灯からLED照明への交換を考える場合、気になるのが費用の面でしょう。LED照明は普及している他の照明装置と比べると、まだ値段が高めの傾向にあります。LED照明の値段の高さから、転換を躊躇している人も少ないですね。しかしLED照明の販売価格は低下しつつあります。技術開発の進歩で製造コストが下がりつつあることは、LED照明の普及が進む事で量産効果が生まれ、照明装置一つ辺りの価格が下がっている事も状況を良くしています。

ledパネルは普通のパネルと違い半永久的に使用が出来るので、初期投資は多少掛かりますが長い目で見ると得をする事が出来ます。