監視システムの概要について

ネットワーク監視は、コンピュータのネットワークの活動や機能の悪化や支障を一定間隔で監視することに該当します。 ソフトウェアであるとかネットワーク器材で現状をチェックし、異常に負荷がもたらされている場合、あるいはサーバに対する障害が発生した場合、ネットワークの接続に対する障害であったり機器障害の問題を見つけ出し通告する役割を果しています。監視システムは、管理者に対してEメールやPCのポップアップで警告します。

総合的にネットワークの監視をします

ネットワーク監視は まず第一は死活監視があり、これはサービスが使いものにならない状況になっていないかの監視です。キーポイントとなる監視と言えます。次に遅延監視があり、サービスの活用に時間がとられすぎていないかの監視です。 そして状態監視があり、監視対象の器材のメモリの利用率といったいわゆるリソースの監視です。 これらをトータルでネットワーク監視を行います。 以上のように、総合的に監視することによって効果が発揮されます。

ネットワーク監視をする本当の目的とは

ネットワーク監視をする本当の目的については、ネットもしくは会社内システムといったサービスを、支障なく活用することができるように守ることです。 障害が引き起こされて長い時間サービスを受けることが出来なくなるといったシチュエーションを阻止するために、一定間隔でネットワーク監視を行い、必要性があればチェックや警告をおこなって周辺環境を整備するための保守に関する業務といえます。 ネットワークを利用者にスムーズに利用してもらうための監視です。

ネットワーク監視とは、一般的にサイトの運営が違反者を監視する他に、サイバーポリスが犯罪に関わる書き込みなどを監視することです。