他人事ではない!ネット上での誹謗中傷

今や芸能人などの有名人ではなくても、ネット上には誹謗中傷が溢れており、その裏で中傷を受けた人ったいが傷つき、最悪の場合自殺というケースも少なくないですよね。そこまで被害者を追い込ませながら、なぜ彼らは過剰なまでの攻撃をやめないのでしょう?それはネット特有の匿名アカウントの存在があり、誹謗中傷している人の大半が匿名アカウントを使用し、この匿名性が「自分だと気づかれない」または「問題になっても自分と特性されない」という安心感を作り出してしまうのでしょう。

サイト管理者にクレーム

実際にネット上で誹謗中傷の被害に遭った場合どうしたらいいでしょう?まず考えられる手段としては、匿名とはいえツイッター、ブログ、2ちゃんねるなど、どの媒体を使っていることはわかりますので、その運営管理者に問い合わせて誹謗中傷を削除してもらうやり方でしょう。今や誹謗中傷が社会問題となっているのは周知の事実ですから、サイト管理者も迅速に動いて匿名で攻撃している人に通知してやめさせるよう通告してくれるでしょう。およそ1週間で削除されることが多いのですが、しかし、せっかく削除してもまた書き込みを繰り返したり、別の媒体を利用してさらに過激な書き込みをする人は実際に少なくないですよね。

ネット上で相手を特定する

こうなると匿名アカウントをを特定させることが問題解決の近道で、匿名だから攻撃しているのですから、その匿名をなくすことが現状で考えられる誹謗中傷をやめさせる効果的な方法でしょう。具体的には発信者情報開示請求を取り、ツイッターや2ちゃんねる等の運営サイトに対しIPアドレスなどのアクセスログを開示してもらい、これから判明する経由ブロバイダに対して情報を開示してもらいましょう。ただこの手続きは短くても半年はかかり、裁判手続も必要になりますが、開示請求の途中で本人に照会されるため、その時点でやめる人が多いでしょう。まずは対策はありますので、誹謗中傷を受けても泣寝入りしないことですよね。

インターネットのホームページ上の大型掲示板などで、企業など関するあらぬネガティブ情報が書き込まれたりなど、風評被害が後を絶ちません。そのようなトラブルに対応してくれる誹謗中傷対策業者が存在します。