そもそも、誹謗中傷とは

誹謗中傷とは、他人に対して悪口を言うことですが、根拠がなかったり、ひどい罵詈雑言のものも誹謗中傷と言われたりします。最近では、インターネットを中心に誹謗中傷に困っている人が多くいます。SNSや掲示板で、匿名なのをいいことにひどいことを言う人は後を絶ちません。しかし、あまりに根拠がない悪口だったり、内容がひどい時は名誉毀損になり、裁判沙汰になることもあります。誹謗中傷を受けた時、どう対策すべきなのでしょうか。

どんな誹謗中傷があるのか

インターネット内の誹謗中傷で多いものは、挨拶も無しに突然悪口を言われたり、根拠のない決めつけを言われることです。SNSや掲示板などで、自分ではそんな風に書いた覚えはないのに、勝手に解釈をされ、決めつけられて罵られる、なんてこともありえますね。人間、合う・合わないがあるものですが、嫌いなら見なければいいものを、わざわざ構いにくることは理解できないことです。誹謗中傷をする人には、そのように複雑な心理を抱えている人も多くいます。

誹謗中傷を受けた時の対処法

誹謗中傷を受けたら、最初は無視をすることが肝心です。相手にすると、ますますヒートアップしてしまい、何を言っても聞き入れてもらえなくなることが多いでしょう。無視しても止まなかったり、終いには犯罪の予告をされてしまうこともありますので、そうなったら速やかに警察へ相談しましょう。近年、SNSでの誹謗中傷からストーカー事件に発展する事件も増えてきて、ストーカー規制法も厳しくなっています。また、警察と同時に弁護士へ相談しておくことも良いでしょう。

2ちゃんねる削除の依頼をする時には、書き込みの内容によって、法律の専門家にお願いをしなければならないケースがあります。